トップページ][会社案内][このサイトについて

出版案内

多職種協働チーム先制医療での口腔ケアFAQ 50

【新刊】

 歯科医師・歯科衛生士のための
超音波デブライドメント

[編著]松久保 隆・齋藤 淳・松久保/櫻井美和
[著]國母敬子・田口ななこ・藤森瑠依・山田美穂・田島菜穂子・鈴木恵子
 
定価5,000円+税(送料実費)
B5判/並製本/172ページ/フルカラー
ISBN978-4-87078-184-9 C3047

超音波デブライドメントを初めて学ぶ人から、いま臨床で実践している歯科医師・歯科衛生士まで。
この1冊で、必要なすべてを網羅!

歯科大学および歯科衛生士養成機関の現役教員陣と、超音波デブライドメントを実践した
患者管理を長期間行ってきた歯科衛生士が、超音波スケーラーを用いた歯周病治療の入門から応用までを解説しています。
また、スマホ・タブレットなどで特設サイトにアクセスすれば、実際の手技を動画で確認可能です!


[→ご注文・お問い合わせ][→シエン社で購入する

【本書の主な内容】

【HISTORY】
1 歯周病の病因論と対処方法の変遷
2 超音波スケーラーを活用しよう

【BASIC】
1 基礎知識
2 基本操作方法
3 操作前に確認すること
4 器具の管理
  ~超音波スケーラー使用後の洗浄から滅菌まで~

【CLINICAL】
1 歯周治療における検査から計画立案まで
2 超音波デブライドメントの実際
3 メインテナンス・SPTにおける超音波デブライドメント
4 インプラントにおける超音波デブライドメント
5 う蝕予防・初期う蝕治療管理のための
  カリエスリスク評価と超音波デブライドメント
6 高齢者・有病者への対応
7 症例

多職種協働チーム先制医療での口腔ケアFAQ 50

【新刊】

歯科薬物療法学 第6版

筒井 健夫 著(日本歯科大学 生命歯学部 薬理学講座 教授)
 
定価5,000円+税(送料実費)
A4判/並製本/248ページ
ISBN978-4-87078-183-2 C3047

本書は歯科医師となるため、歯科医師国家試験の合格を目指す学生を対象として、歯科薬物療法学を基礎と臨床の両面から解説している。 本書には8つの特徴がある。
① 各章の文頭にある「Key Words」は、重要事項をまとめた。
② 文章中にある「step by step」は、一歩進んだ内容を記載した。
③ 欄外の「吹き出し」は、専門用語などを説明している。
④「アドバンス スタディ」は、探究心旺盛な読者のため、より深い内容について記載した。
⑤「クイックテスト」は、各章の基本的知識の確認問題とした。
⑥ 読者が内容を容易に理解するため、全編にわたり図表を多く取り入れた。
⑦ 読者が本書に書き込めるように、スペースを配慮した。
⑧ キャラクターの「じょうざいちゃん」と「カプセルくん」が、読者を応援している。
読者が歯科医師となったとき本書を踏み台として、さらに深く学び続けていただくことを祈っている。 (序文より)

[→ご注文・お問い合わせ][→シエン社で購入する

【本書の主な内容】

総論
1 薬物療法の種類
2 医薬品医療機器等法と医薬品
3 薬理作用
4 薬物の作用部位と作用機序
5 薬物体内動態
6 薬物の相互作用
7 薬物の反復作用(連用)
8 薬効に影響を及ぼす因子
9 薬物の副作用と有害作用
10 薬物の適用方法と適用上の注意

各論
11 腐食薬と収斂薬
12 消毒薬
13 麻酔薬
14 中枢神経系薬物
15 呼吸器系・循環器系薬物
16 消化器系に作用する薬物
17 代謝系薬物・ビタミン
18 抗炎症薬・鎮痛薬
19 感染症治療薬
20 悪性腫瘍治療薬
21 歯内療法に用いる薬物
22 歯周病治療薬
23 う蝕予防薬
24 オータコイド

多職種協働チーム先制医療での口腔ケアFAQ 50

 歯科医療管理学の展開
歯科診療所のマネジメント論
 クリニックに必要な暗黙的管理

医療法人 永山ファミリー歯科クリニック 理事長
永山正人 著(歯学博士/商学博士 日本歯科大学客員教授/北海道医療大学客員教授)
 
定価4,500円+税(送料実費)
A5判/並製本/464ページ
ISBN978-4-87078-182-5 C3047

院長 ! 診療所の経営、
間違えていませんか…?

安定した歯科診療所経営のために必要な“暗黙的管理”とは?
実践的歯科診療所経営理論の第一人者がおくる、
EBM(Evidence-Based Management)を基礎とする永山マネジメント論の集大成


[→ご注文・お問い合わせ][→amazonで購入する][→シエン社で購入する

【本書の主な内容】

第Ⅰ部 歯科診療所のマネジメントに関する問題意識
第1章 歯科診療所経営に関する環境と問題点
1.病院・診療所の経営環境
2.無床診療所としての歯科診療所
3.歯科医師過剰状態
4.疾病構造の変化
5.患者の推移と診療内容
6.診療報酬改定のロジックの変遷
7.保険診療点数の不採算
8.消費税における損税に対する問題
9.TPP が歯科診療所経営に及ぼす影響
10.人口減少の影響
第2章 歯科診療所経営に関する研究蓄積と問題点
1.歯科診療所に関する先行研究
2.歯科診療所経営の研究法
3.エビデンス(EBMgt)に基づくマネジメントの必要性
4.歯科診療所と管理者(院長)
5.院長行動(管理者)とリーダーシップ
6.従業員(行動)に対する人的資源管理
7.歯科診療所と組織
8.組織構造と専門職業的組織としての歯科診療所
9.歯科診療所と戦略論

第Ⅱ部 実証研究を基礎とする歯科診療所のマネジメント論
1.歯科診療所経営には何が重要か(経営管理者の役割)
2.歯科診療所の経営健全化の指標(経営上の重点目標)
3.歯科診療所のパフォーマンス向上要因を探る
4.組織有効性に影響を与える要因
5.管理者行動と組織有効性
6.組織有効性と患者満足度
7.歯科診療所の患者満足度
8.受療行動に影響を与える要因
9.ミッションマネジメント
10.歯科診療所の成功要件を考える

第Ⅲ部 実践的歯科診療所のマネジメント論
1.開業における成功に導くポイント(開業支援)
―院長が知らなければならない開業の知識―
2.デンタル・マーケティング
―患者の減少が気になりだしたら読む―
3.戦略的運営―SWOT 分析の活用(歯科診療所での応用)
―経営上の問題に対し、現在及び近未来を拓く―
4.パフォーマンス(成果)向上戦術
―より医業収益を上げるための要因を知る―
5.組織構造(新しい構造の創造)
―能率のよいシステムを考える―
6.実践的人事管理(人的資源管理)
―患者満足度を高め、医業収益を増加させるため
 の人の使い方―
7.会計・税務に関る戦略的思考
―税理士任せにしないための基本的知識を身につける―
8.経営改善の実践
―思うように経営できない(運営できない)時、何が原因か知る方法―
9.ソフトランディングと事業承継
―知識が有るか無いかで天国と地獄ほど違う―
10.歯科診療所経営に関する将来展望
―これから歯科はどうなるんだろう―

多職種協働チーム先制医療での口腔ケアFAQ 50

多職種協働チーム先制医療での口腔ケアFAQ 50

[監修]
鴨井 久一(日本歯科大学 名誉教授)
菊谷 武(日本歯科大学 教授・口腔リハビリテーション多摩クリニック 院長)

定価3,500円+税(送料実費)
A4判/フルカラー/148ページ
ISBN 978-4-87078-180-1 C3047

「オーラルフレイル」「未病」への対応など
先制医療による口腔ケアの新時代へ向けて

歯周病から全身疾患、口腔ケアの時代へと突入した歯科医療。高齢者や有病者の摂食・嚥下を改善する口腔ケアが再認識され、医歯連携が求められている現在、歯科の領域は、誤嚥による肺炎予防、周術期や介護での口腔ケア等、口腔リハビリテーションへと広がり、多職種協働によるさらなる連携が不可欠となっています。喫緊の疑問50問に、各領域の専門家がズバリお答えします。


[→ご注文・お問い合わせ][→amazonで購入する][→シエン社で購入する

【本書の主な内容】

第1章「口腔ケアの概念」Q.1〜7

第2章「介護・入院時の制度としての対応」Q.8〜13

第3章「口腔ケアにおける機能検査」Q.14〜18

第4章「栄養評価と食環境指導」Q.19〜24

第5章「口腔ケアにおける機能訓練」Q.25〜29

第6章「口腔ケアにおける義歯リハビリテーション」Q.30〜33

第7章「訪問診療における口腔ケア」Q.34〜37

第8章「機能障害患者への口腔ケア」Q.38〜43

第9章「周術期における口腔ケア」Q.44〜50
口腔衛生学2016

口腔衛生学2016

[監修・執筆]松久保 隆・八重垣 健・前野 正夫・那須 郁夫・小松﨑 明・杉原 直樹

定価5,000円+税(送料実費)
A4変形/476ページ
ISBN 978-4-87078-181-8 C3047

「最新、最高で、理解し易いテキスト」2016年最新版!
 歯科医師および歯科衛生士を目指す学生の学習に必要な口腔衛生学、歯科医療統計学および
衛生学・公衆衛生学のすべてを網羅。
「歯科医師国家試験」「歯科衛生士国家試験」での出題領域も広くカバー。
内容を深く理解するためのコラムを各章に掲載。

[→ご注文・お問い合わせ][→amazonで購入する][→シエン社で購入する



「口腔衛生学2014」正誤表【更新版】2012.9.1(PDF形式・約1.4MB)

「口腔衛生学2012」正誤表2012.7.12(PDF形式・約995KB)



【本書の内容】(目次より)

第1章 総論

第2章 疫学

第3章 口腔の機能

第4章 疾病のリスク評価と保健指導のための基礎事項

第5章 歯科の二大疾患

第6章 フッ化物応用のための基礎知識

第7章 口腔状態と口腔機能の評価と指標

第8章 歯科疾患の予防方法

第9章 歯科健診および診療室における感染予防

第10章 公衆衛生活動

第11章 歯科保健に必要な公衆衛生学

第12章 環境と健康


[監修・執筆]
松久保 隆(東京歯科大学名誉教授、太陽歯科衛生士専門学校校長)
八重垣 健(日本歯科大学生命歯学部衛生学講座教授)
前野 正夫(日本大学歯学部 衛生学講座 教授)
那須 郁夫(日本大学松戸歯学部公衆予防歯科学講座教授)
小松﨑 明(日本歯科大学新潟生命歯学部衛生学講座教授)
杉原 直樹(東京歯科大学衛生学講座教授)

【執筆】
齋藤淳(東京歯科大学歯周病学講座教授)
石塚洋一(東京歯科大学衛生学講座講師)
都築民幸(日本歯科大学生命歯学部歯科法医学講座教授)
佐藤勉(日本歯科大学東京短期大学歯科衛生学科教授)
今井敏夫(日本歯科大学生命歯学部生理学講座教授)
福田雅臣(日本歯科大学生命歯学部衛生学講座教授)
本橋正史(日本大学歯学部衛生学講座元教授)
川戸貴行(日本大学歯学部衛生学講座准教授)

災害時の歯科保健医療対策

災害時の歯科保健医療対策
 連携と標準化に向けて

編集:日本災害時公衆衛生歯科研究会
中久木康一(東京医科歯科大学)
北原  稔(神奈川県厚木保健福祉事務所)
安藤 雄一(国立保健医療科学院)


公益社団法人 日本歯科医師会
公益社団法人 日本歯科衛生士会
公益社団法人 日本歯科技工士会 推薦

定価2,000円+税(送料実費)
ISBN 978-4-87078-179-5 C3047

阪神・淡路大震災から20年、東日本大震災から4年──。
今後も予想される広域災害の状況下で「生命を守る歯科医療」と「生活を支える口腔ケア」は、歯科関係者だけでなく、災害に関係するすべての職種の連携のもと、どのようなかたちで継続されるべきか。

災害時にも、歯と口を通じて住民の健康を守る!

[→ご注文・お問い合わせ][→amazonで購入する][→シエン社で購入する

※チラシ(申込用紙)ダウンロード(PDF形式、約455KB)


【本書の内容】(目次より)

寄稿:歯科医師としての社会的責任(大久保満男)
刊行に寄せて:災害時の歯科の役割(村岡 宜明)

第1章 災害時の保健医療における歯科

第2–1章 災害時の歯科保健医療対応
歯科医療支援、歯科医療体制の継続

第2–2章 災害時の歯科保健医療対応
口腔ケア/歯科保健支援

第2–3章 災害時の歯科保健医療対応 即時義歯への対応

第3章 歯科医院/歯科医師会としての災害対策

第4章 歯科における災害教育/研修

第5章 災害時の精神・心理的ストレス

第6章 連携する職種における災害への準備

第7章 地域における経験

あとがき(中久木康一)

巻末資料:
「避難所等歯科口腔保健 標準アセスメント票」
「災害時歯科保健医療支援アクションカード」
「宮崎市郡歯科医師会 災害対応アクションカード」
「えんげ災害ノート」(案)
「大規模災害発生時における歯科保健医療の役割」(パンフレット)
「大規模災害発生時における口腔ケア活動の意義と実際」(パンフレット)
「歯っとこ 災害時に備えての健口と健康」(パンフレット)

歯科医師が知っておくべき全身疾患

 内科学エッセンス2
歯科医師が知っておくべき全身疾患

水野嘉夫(東京歯科大学 内科学講座 客員教授)著
定価4,800円+税(送料実費)
SBN978-4-87078-176-4 C3047

 「歯医一体」の概念に基づき内容を一新! 歯科医師の日常臨床に必要な情報を網羅


[→ご注文・お問い合わせ][→amazonで購入する

【本書のおもな内容】

00 総 論
内科診察について/症候学/バイタルサイン/検査データの読み方

01 循環器疾患
心電図異常/血圧異常/虚血性心疾患/感染性心内膜炎/末梢動脈疾患/心不全

02 代謝性疾患
糖尿病/痛 風/骨粗鬆症/脂質異常症/肥満症

03 消化器疾患
食道疾患─GERD/胃・十二指腸疾患/大腸疾患/肝機能検査/ウイルス性肝炎/アルコール性肝障害/薬物性肝障害/肝硬変症

04 脳神経疾患
脳血管障害/パーキンソン病/認知症

05 血液疾患
血液疾患総論/赤血球系疾患/白血球系疾患/出血性疾患

06 腎泌尿器疾患
腎泌尿器疾患総論/腎 炎/ネフローゼ症候群/慢性腎臓病/腎不全/薬物性腎障害/透 析

07 精神神経疾患
統合失調症/うつ病/心身症/神経症/てんかん/薬物依存

08 内分泌疾患
視床下部─下垂体疾患/甲状腺疾患/副甲状腺/副腎疾患

09 呼吸器疾患
呼吸機能検査/気管支喘息/COPD/肺 炎/気管支炎/肺血栓塞栓症/過換気症候群/睡眠時無呼吸症候群

10 皮膚疾患
皮膚疾患総論/扁平苔癬/多形滲出性紅斑/尋常性天疱瘡/掌蹠膿疱症

11 妊娠トラブル
薬剤と妊娠・授乳

12 リウマチ疾患
関節リウマチ

13 薬物による副作用と口腔疾患
歯肉の肥厚/歯の着色/唾液分泌の減少/薬 疹

14 救急医療
救急蘇生法/歯科における救急処置(とくに迷走神経反射について)

15 感染症
院内感染症/HIV感染とAIDS

16 在宅医療

17 緩和ケア

18 高齢者の医療

19 臓器移植

臨床エックス線的・病理組織学的裏付の乳歯歯内療法

【新刊】

臨床エックス線的・病理組織学的裏付の
乳歯歯内療法

町田幸雄(東京歯科大学名誉教授・日本小児歯科研究所長)著
定価8,000円+税(送料実費)
SBN978-4-87078-174-0 C3047

 本書は、適確な診断、詳細な術式、適切な薬剤の選択並びに治癒経過について、臨床X線的研究並びに病理組織学的研究に基づいて記述し、更に各処置法について処置直後から脱落期までの乳歯の一生を観察し症例を提示した今までに類のみない書である。(著者より)


[→ご注文・お問い合わせ][→amazonで購入する

【本書のおもな内容】

1 乳歯歯内療法の特徴
  露髄しやすく、歯根吸収が絡む乳歯歯内療法

1.乳歯歯髄処置法
  ─可能な限り歯髄保存療法の範囲内で処置を─
2.齲蝕の進行程度と歯髄処置 
  ─正確な齲蝕の進行程度は、齲窩開拡時にはじめてわかる─
3.乳歯歯髄炎の診断とその処置法 
4.正しい歯髄処置法の手順 
5.乳歯歯髄除去療法には従来の歯根吸収程度の分類は利用できない
6. 乳歯歯内療法に必須なラバーダム防湿 
7. 乳歯歯内療法は徹底した制腐的処置で 


2 乳歯歯髄保存療法
  歯根吸収が関係しない成功率の高い歯内療法

1.乳歯歯冠の切削時に考慮すべき組織解剖学的特徴
2.乳歯歯髄鎮静療法 
3.乳歯歯髄覆罩法 


3 乳歯歯髄除去療法
  乳歯生活歯髄切断法の範囲に留めたい

1.乳歯歯髄掻爬療法 乳歯部分的歯髄切断法と同じ
2.乳歯生活歯髄切断法 
  歯根の形成、吸収が順調に営まれる 
3.乳歯根管内生活歯髄切断法 
4.乳歯歯内療法の最終処置抜髄法
5.乳歯抜髄根管充填後の治癒機転  
6.ビタペックスによる乳歯抜髄根管充填後の経過観察例


4 乳歯の根管治療
  適応範囲が極めて狭い

1.乳歯根管治療の適応症
2.乳歯根管治療を難しくする根管形態
3.色々なかたちをとる乳歯の生理的歯根吸収 
4.乳歯根管治療の術式
5.根管清掃剤
6.根管消毒剤
7.乳歯感染根管治療後の根管充填

声の道場II ~ハイハイ・ハイッのすすめ~

声の道場II ~ハイハイ・ハイッのすすめ~

山村庸子著
定価900円+税(送料実費)
ISBN978-4-87078-173-3 C2073

「声の道場」ふたたび!!

 人間の身体には、考え及ばない可能性がいっぱいあります。それを目覚めさせるために、また、人間社会がより良い方向へ進むためには良い「気づき」の循環が始まるようにすることが大切なのではないかと思うようになりました。
 「声の道場」が多くの人にとって、そのきっかけになることを祈っています。(本文より)

[→ご注文・お問い合わせ][→amazonで購入する

【本書の内容】(目次より)

第1章 ハイハイ・ハイッのすすめ

第2章 「一息」って?

第3章 歯医者さんで

第4章 テレビから

第5章 もう一度、自分の息を意識しよう

第6章 「届く声」と「大きい声」の違い

第7章 「声の道場」新たなエピソード

第8章 「声の道場」まとめ

第9章 「声の道場」体験記

第10章 「気づき」の循環



著者略歴
山村 庸子(やまむら・ようこ)
昭和23年福岡県生まれ
昭和46年 慶應義塾大学商学部卒
昭和47年 福岡にて観世流シテ方鷹尾祥史師に入門
昭和53年 上京し、梅若六郎師に師事
昭和63年 観世流師範となり、梅若会に所属
平成17年 観世流準職分となる

緑桜会主宰
「声の道場」主宰

著書に「声の道場 ~日本の声が危ない~」(平成22年)

歯科医院コンサルティングマニュアル

歯科医院コンサルティングマニュアル

社団法人日本医業経営コンサルタント協会[編]
永山正人[監修・著]木村泰久[著]角田祥子[著]
定価3,000円+税(送料実費)
ISBN978-4-87078-171-9 C3047

医業の社会公共性を経営面から支援する(社)日本医業経営コンサルタント協会が、そのノウハウを集大成!
開業準備から経営の改善、管理業務、事業の承継までをわかりやすく解説。
より安定した歯科医院経営をサポート

[→ご注文・お問い合わせ][→amazonで購入する

【本書の内容】(目次より)

第1章 歯科医院経営の現状と展望
 第1節 歯科医院経営の現状と問題点
 第2節 歯科医療の特徴と今後の可能性
 第3節 歯科に係る医療保険制度の理解
 第4節 歯科医院経営に係るコンサルティングの指針

第2章 歯科医院の開業支援
 第1節 歯科医院の開業支援
 第2節 施設計画
 第3節 資金調達計画
 第4節 開業の採用計画
 第5節 開業のマーケティング戦略
 第6節 関係性マーケティング戦略

第3章 歯科医院の経営改善支援
 第1節 現状の問題点の把握
 第2節 経営戦略の策定
 第3節 経営戦略の推進管理とフォローアップ

第4章 歯科医院の人事管理と労務対策
 第1節 歯科医院の人事労務管理
 第2節 人事評価を導入する
  付録参考資料「歯科医院を知る」

第5章 歯科医院の事業承継
 第1節 これからの重要なテーマとしての歯科医院の承継問題
 第2節 個人医院における事業承継
 第3節 医療法人における事業承継
 第4節 歯科医院の評価方法



【著者】認定登録 医業経営コンサルタント
永山正人((社)日本医業経営コンサルタント協会理事・北海道支部長/永山ファミリー歯科院長)

木村泰久((社)日本医業経営コンサルタント協会歯科小委員会委員長、神奈川支部理事/(株)M&D医業経営研究所代表取締役)

角田祥子((社)日本医業経営コンサルタント協会歯科小委員会委員/税理士法人ネクサス代表社員、税理士)


江戸の入れ歯師たち

交換期を上手に利用した咬合誘導
 前歯と臼歯の排列の場には縄張りが

町田幸雄(東京歯科大学名誉教授・日本小児歯科研究所長)著
定価9,500円+税(送料実費)
ISBN978-4-87078-169-6 C3047

「乳歯列期の咬合誘導」に続く第2弾!
咬合誘導の最重要時期"混合歯列期"を中心とした時期の成長発育をフル活用した咬合誘導を、
今までにない多くの臨床例で解説──。
[→ご注文・お問い合わせ

【本書の内容】(目次より)

第1章「交換期の咬合誘導で知っておくべき事柄」
1.咬合誘導の成功の鍵は、適切な発育期を選んだ形態と機能の正常化
2.咬合誘導に重要な永久歯の発育と出齦時期・出齦順序
3.咬合誘導に役立つ口腔領域の成長発育
第2章「交換期の咬合誘導を成功へ導くために」
1.咬合誘導に必須な歯列、咬合、歯槽部、口蓋の成長発育
2.交換期咬合誘導時の留意事項
3.永久切歯口腔内萌出時から永久歯列期の排列状態を予測
第3章「第一大臼歯口腔内萌出期の咬合誘導」
1.上下顎第一大臼歯の咬合関係について
2.第一大臼歯の異所萌出とその処置
3.第一大臼歯遠心移動と鋏状咬合の処置
第4章「前方歯群交換期の咬合誘導」
1.前方歯群交換期の特徴と排列時の調整機能
2.切歯口腔内萌出期に処置しよう前歯部叢生
3.反対咬合の処置
4.過蓋咬合の処置
5.切歯の早期喪失に対する処置
6.正中離開を考える
7.萌出遅延歯と埋伏歯の処置
8.乳歯根端病巣による永久歯歯芽の回避現象とその処置
第5章「側方歯群交換期と第二大臼歯口腔内萌出期の咬合誘導」
1.側方歯群交換期の特徴とその活用法
2.側方歯群部の保隙の大切さ
3.リーウェイスペースの利用
4.同じ口腔内で成長発育を利用した部位と利用しなかった部位の明暗
5.側方歯群部の萌出遅延歯と埋伏歯の処置
6.回避現象を起こした小臼歯の早期処置による正常位置萌出
7.第二大臼歯口腔内萌出期の咬合誘導


江戸の入れ歯師たち

声の道場 ~日本の声が危ない~

山村庸子著
定価900円+税(送料実費)
ISBN978-4-87078-168-9 C2073

心に響く声を! 心に届く言葉を!
女性でありながら能楽師となった著者が始めた和のボイストレーニング「声の道場」。
その中で見つけたもの、それは「日本の声の問題点」だった。
夫に、妻に、子供に、そして周りの人達へ、思いの伝わる声とは──。
[→ご注文・お問い合わせ][→amazonで購入する

【本書の内容】(目次より)

息を詰める
息と声
声の種類
息が弱くなっている日本人
どうして日本の声が危ないの?
構えと呼吸
声のための呼吸
さあ、声を息に乗せよう
言葉になるための発声


江戸の入れ歯師たち

知ってる?口に潜む恐怖のバイキン集団
役に立つ!なるほど!
健康ライフを守る歯科習慣

奥田克爾著・奥田たまき絵
定価1,800円+税(送料実費)
ISBN978-4-87078-167-2 C3047

好評の前著「命を狙う口の中のバイキン」に、メタボと歯周病の関わり、
インフルエンザ対策などの情報を加えて内容をリニューアル。
増ページで価格もお求めやすくなりました。
[→ご注文・お問い合わせ

【本書の内容】

口に潜む病原体
神出鬼没のウイルスたち
談合して集団になり住み着く細菌
家族内でうつる口の細菌
細菌は毒素を作る
夜に暗躍するキラー軍団
あなたをまもるミクロの戦士たち
病は気から
口に潜むアレルギーの原因
ムシ歯は生活習慣病
大切な歯周病の早期発見
口に潜む史上最大の暗殺者
循環障害をもたらす細菌
心臓病の引き金にもなる歯周病
赤ちゃんのためにも口の健康
骨粗鬆症の予防は口から
胃潰瘍に関わる歯周病
メタボリックシンドロームにも関係する歯周病
歯周病の治療による糖尿病の改善
口の病気は腎炎、関節炎、皮膚炎を起こす
カビの仲間カンジダ対策
効果の大きい歯科リハビリテーション
ハッピー噛むカム
インフルエンザ対策になる口の健康
自分でできる口の手入れ

歯科臨床のための前半期の萌出と咬合

歯科臨床のための前半期の萌出と咬合
 ─佐藤貞勝遺稿集─

佐藤歯学研究所編
定価5,000円+税(送料実費)
ISBN978-4-87078-166-5 C3047

「開業医として治療を通じ人々の健康に寄与すると同時に、医業に携わる者として常に医業の向上のため研鑽努力することこそが責務である」
 1950年、開業医でありながら基礎的研究に積極的に取り組むため研究所を設立した佐藤貞勝。同一個人の歯の萌出から咬合の成立過程を、極めて長期にわたり継続的に調査研究した。2003年3月に亡くなるまでの半世紀以上にわたる研究の集大成がいまここに──。膨大な採得模型の観察を3D技術で再現。【DVD付き】
[→ご注文・お問い合わせ

【本書の内容】

●同一個人の連続模型(0歳8ヶ月~15歳)
 咬合面
 側方面

第1章 萌出
[1]萌出時期の決め方
[2]乳歯の萌出時期
[3]乳歯萌出時期の相関
[4]第一大臼歯の萌出時期の予測
  (第二乳臼歯萌出時期からの予測—重回帰分析)
[5]永久歯の萌出時期
[6]永久歯萌出時期の相関
[7]側方歯群の萌出時期の予測
  (重回帰分析による)
[8]歯冠長径の萌出曲線
[9]乳歯と永久歯の交換
[10]第一大臼歯の萌出
[11]第一大臼歯萌出時の注意点

第2章 歯列弓の発育
[12]歯列弓の発育
[13]歯列弓の幅径
[14]歯列弓の長径
[15]歯列弓の発育に関する変化
[16]歯列弓指数
[17]歯列弓の形態
[18]乳歯列の空隙
[19]乳歯列空隙の変化
[20]乳歯・永久歯の歯冠幅
[21]側方歯の萌出順序と永久歯列の形成
[22]側方歯の萌出順序と側方歯群長の変化

第3章 対向→咬合
[23]乳歯の対向から咬合
[24]乳歯の対向
[25]初期・中期・後期に分類した 乳歯対向位置
[26]乳歯列初期・中期・後期の 対向位置の動き(個人別)
[27]乳歯の対向位置の動き(個人)
[28]乳歯の対向位置
[29]永久歯の対向から咬合
[30]永久歯列期の対向位置の動き
[31]乳歯列から永久歯列への対向位置の変化
[32]永久歯列の咬合

参考資料
●相対成長による乳歯脱落と永久歯萌出時期
●季節と歯の萌出
●永久歯萌出と月経初潮の関係
●同一個人の模型計測データ

付録DVD

 

江戸の入れ歯師たち


江戸の入れ歯師たち ─木床義歯の物語─

長谷川正康著
定価1,600円+税
ISBN978-4-87078-164-1 C3047

「あの瀧澤馬琴にも入れ歯の悩みがあった!?」
1984(昭和59)年に発表した『木床義歯研究小史』とICD(国際歯科学士会)で講演した内容を合わせ、
さらに木床義歯の臨床観察を交えて木床義歯について物語っていきたいと思います(「まえがき」より)
[→ご注文・お問い合わせ

 



乳歯列期から始めよう咬合誘導

町田幸雄著
定価9,000円+税
ISBN978-4-87078-149-8 C3047

32年間の研究成果と臨床観察に基づいたEBMの書、ついに刊行。
“成長発育期”を上手に利用し、永久歯列期まで待つことなく小児患者の歯列・咬合不正を治療する。
[→amazonで購入

 



いやはや

三上政雄著
定価1,500円+税
ISBN4-87078-147-6 C0095

「冗談ばっかし、冗談じゃない」「鶯の鳴く春」「憚り乍ら」など、記憶から出てきた身の周りの出来事を綴った36編を収録。
三鷹市で開業されている歯医者さんが“いやはや”な日常を書き綴った、心温まるエッセイ集。
[→amazonで購入

Copyright 2008─2016 一世出版(株)All Rights Reserved.