災害歯科保健医療 標準テキスト

災害時における歯科医師の役割とは?
複数の組織・団体と連携を取るために、今知っておくべきこととは?


今後、発生が想定される首都直下地震や南海トラフ地震等大規模災害・・・
災害発生直後から被災地の歯科保健医療提供能力が回復するまでの間に切れ目のない支援を行うためには何が必要なのか。
令和2年度災害歯科保健医療体制研修会での講演内容をもとに、標準テキストとして再編しました。

CONTENTS
1
章 災害歯科保健医療
1. 災害歯科保健医療概論
2. 災害歯科支援チームの実現に向けて ~関係機関・団体における連携の重要性~
3. 保健医療支援におけるロジスティクス担当者の役割
4. 災害時における歯科医師会の対応
5. 災害時の歯科保健医療活動 ~目的、評価、体制~
2章 国における災害対応
1. 大規模災害時における政府の初動対応について
2. 災害時における保健医療の対応
3. 厚生労働省における災害医療体制
4. 防衛省・自衛隊における災害派遣活動
3章 活動における連携・共有
1.災害時の歯科保健医療活動 ~歯科支援における役割分担、多職種での連携~
2.日本医師会の災害対応
3.サイコロジカル・ファーストエイド ~心理的応急処置:PFA
4.歯科医師のための災害復興法学のすすめ
4 章 災害時における身元確認
1.歯科における身元確認体制
2.警察における大規模災害時等の多数遺体取扱について ~歯科所見による身元特定の有効性~ ”
3.海上保安庁における歯牙鑑定
参考資料
JDAT 目的・趣旨
・施設・避難所等 歯科口腔保健 ラピッドアセスメント票(集団・迅速)
・歯科保健医療支援アクションカード
Q&A

編 集
日本歯科医師会・災害歯科保健医療連絡協議会
発 行
一世出版株式会社
定 価
3,190円(本体2,900円+税10%)+送料(実費)
ISBN
978-4-87078-201-3 C3047